スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア


オススメ度:☆☆☆☆☆
ホラー要素:☆☆
ギャグ度:☆☆☆☆
ロマンス?:☆☆☆☆

一言感想:ルイモテ過ぎだろ!


以下、独断と偏見による感想(ネタバレあるかも)

まずレスタトさんテライケメンでした。
そしてルイ愛しすぎだろと言いたくて言いたくて。
なるほどBL映画か。と。他のレビューで読んだけど、とりあえず吸血鬼だから観ようって感じで見ましたが、結構な良作かと。

子育て方針が違ったり、結局二人とも娘大事だったり可愛かった前半とがらりと変る娘対レスタトからの吸血鬼集団との戦いは笑うところしかないような。

幼子の貪欲な欲求による惨殺は不気味と感じるか笑いと感じるかは自由です。

あたしにゃ笑いとしか感じなかったよって話でした。

でも、この映画結構CGとか頑張ってる。古い映画だけど下手したら最近の映画よりずっとクォリティ高いです。

一番の見所は時代の移り変わりに対応しきれないレスタトと移り変わる時代に溶け込めるルイの差でしょうか。
特に違和感無く記者のインタビューに答えられるルイはどこか奇妙なのに平然として見えます。

個人的に好きなシーンは復讐のためにルイがばったばた吸血鬼を切っていくシーンです。
スポンサーサイト

テーマ : 映画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。