高里の限界音

高里のコンプレックスでもある高い声なのですが、先生に人間の限界音(例のあの曲ですね)出せると言われたときに悲しくなりました。

あ、メルト原曲キーで歌えます(どうでもいい)

炉心融解余裕です。

そんなこたぁさておき。
久方ぶりに音楽の話題ですね。

試験が近いです。
ピアノは捨てました(おい

問題は声楽です。

高声用で歌うので、一オクターブ高いミから始まります。一番高い音は一オクターブ高いソです。
朝の一発目に発声無しでその音が出るかが問題です。

試験当日って人数多いから発声できないので……。

人間の限界音って確か2オクターブ上のソですよね。
ちなみにうちのUTAUシンガーさんは全滅でした(音割れた)
KAITOさんちょっと頑張ってくれましたががくっぽいど君怪しいです。
ちなみに高里が発声無しで出せる音は2オクターブ上のドまでです。
ソは無理です。
発声してもミが限界だと思います。

先生、生徒に過度な期待をするのは止めてください。
凹みます。

ちなみにKAITOさん、一番上の音までベタ打ちであげてみても実は音割れません。
キーンってやなおとにはなるけど(笑)



高里今年で音楽とは綺麗にお別れしようと思ってます。

ハタチなって続けてもねぇとなんか思い始めて。
周りが教員とかプロ志望ばっかりだとなんだかレベルが違いすぎて恥ずかしくなってきます。
かといって流行の曲が好きなわけでもないし。
一番好きなのは雅楽。
その後に歌舞伎。

実は舞台も其処まで好きじゃないから本気になれない。

好きなものなんだろうなんて考えてると結局一番好きなのは服だったってオチ。

お人形はもっと好きだけどね(笑)

十六夜のメイクはがれて凹んでます。
写真はフォトショップでごまかせるけどさ……
眼鏡に敗北しちゃったんだよね。十六夜。

教訓
 お出かけバックの中では眼鏡は外しましょう。
 万が一の衝撃で擦れメイクが落ちる危険性があります。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

コンサート感想

いや、ヴァイオリン素敵でした。
ハンガリー円舞曲
あれ、結構好きです。解説間違ってたけど。
なんか、三百年前のヴァイオリンに羊の腸の弦に弓は白馬の尾の毛らしいです。
綺麗でしたよ。
ヴァイオリニストさんのオリジナル曲も聴かせていただきましたが、のびのびとした優雅な印象を受けました。
彼女自身の音が伸びやかだと高里は思いました。


でも、本命はチェロ!

もともとチェロが好きなんですが、今日のチェリストさんの音は、本当に包み込むようなテノールが素敵でした。
人間の声でも一番テノールが好きなんです。
あの音域は優しい感じがしますね。

ついでにピアノ。

普段から聴くチャンスは多い先生のピアノですが、今日はいつもより楽しそうに聞こえました。
普段から本当に音楽を楽しんでいる方だとは思うのですが、なんと言うか緊張感のある楽しみ方をしていたのではないかとおもいました。

ピアノ五重奏はかなりの迫力でしたよ。
でも、一番はやっぱりチェロでした。

コンサート感想はここまで。